History

オレゴン州ポートランドから東へ100キロ。雄大なコロンビアリバーと荘厳なマウントフッドに挟まれた美しい街”フッドリバー”。

1987年、川のほとりの小さな缶詰工場跡地に私達フルセイルブルーイングは誕生しました。

私達はまずは缶詰工場跡地を醸造所に改築するところからスタートしました。ほぼ手作業のボトリングマシンに四苦八苦しながら世に送り出したアンバーが市場に認められて徐々に規模が大きくなり、いつしかフルセイルはオレゴン州で最初に商業的な成功を収めたブルワリーと呼ばれるようになりました。

創業から30年以上経ちますが、現在でもオレゴン州のクラフトビールシーンのパイオニアの一つとしてシーンを牽引し続けています。

創業当時から作り続けるアンバーはもちろん、毎日気軽に楽しめる"デイリークラフト"を目指してスタートした若者向けのセッションシリーズなども作る一方で、効率化を進める機材や最新技術も積極的に取り入れ、イノベーティブなビール作りに取り組んでいます。

​自社イーストラボの創設、マッシュフィルターのいち早い導入等、

数え上げればキリが無いほどです。

美味しいビールを作るための技術の追求に加え、

地域との共生や労働環境の改善(週休3日制を導入)、環境への配慮など、様々な分野でのサスティナビリティの追求はこれからも続きます。

持続可能な美味しいビール作りを続け、関わる人すべてに幸せを届けていく。

​それが私達のミッションです。

私達はこの小さな街でこれからも誠実にビールを作り続けていきます。